【茶畑】深耕前のカルチがけで能率アップ!

カルチ お茶農家の仕事
スポンサーリンク

こんばんは!三重県のお茶農家の嫁、茶むすめです。
夫は引き続き茶畑の深耕をしていますが、前回の記事でご紹介した通り、深耕機の操作はなかなかの重労働。日常的に身体を動かしている夫は筋肉痛とは無縁の生活をしているけれど、さすがにこの作業をすると「上半身がぁ~~~」と悶えております。

さて、そんな夫が「深耕前にカルチかけたらめっちゃ楽やった!」と嬉しそうに報告してくれました。
カルチというのは通常の肥ふりの後に茶畑の畝間を耕すための機械で、普段はこの機械を使うのですが、2年に1回くらいは深耕をします。いつもの肥ふり→カルチがけ→(の後にさらに)深耕というのがとっても良かったというお話。

夫のツイートはこちら。カルチのじゃじゃ馬感ハンパない!?

私は家の前の畑で夫が作業していたら(しかも気が向いたら)動画を撮りに行きますが、遠くの畑までわざわざ出かけたりはしないので、これらの動画はすべて夫が小さな三脚を駆使して自撮りしています。
こういう農家の日々の作業を見る機会はなかなかないと思うので「へえぇ」と楽しんで頂けると夫の努力が報われます!

タイトルとURLをコピーしました