茶袋メーカーの営業さんが持ってきてくれたのは?

リーフティーカップ お茶農家の仕事
スポンサーリンク

こんばんは!三重県のお茶農家の嫁、茶むすめです。
今日は茶袋メーカーの営業さんがまわってきて、面白い新商品を見せてくれました!

これ普通の紙コップに見えるでしょう!?

紙コップ

フタを開けてびっくり!茶葉が入ってる!そして網(フィルター)も装着されてる!

リーフティーカップ

ここにお湯を注ぐだけで、美味しいお茶が淹れられるのね!

リーフティーカップ

飲み終わったらまたお湯を足せば何煎も楽しめるんだって!
面白いですね~!フタを開けた時のインパクトがすごい!
この商品を販売しているのは、日本茶を中心とした日本の伝統食品の包装資材・パッケージの製造・販売する株式会社吉村さん。詳しくは下のサイトを見てみてください。

Leaf Tea Cup公式ホームページ

さっそくお湯を注いでみました。いい感じでお茶が抽出できてます。

リーフティーカップ

あ、フィルターの中に空気が残ってて、なんか可愛い!

リーフティーカップ

飲み終わるとこんな感じです。フィルターでしっかりと茶葉が濾されています。

リーフティーカップ

二煎目も美味しく頂きました!熱湯で淹れても渋くなくて美味しいお茶でした!
ティーバッグの場合はテトラ型でも水圧?でつぶれてフィルター内で思うようにお茶が広がってくれないことがあるけれど、これならフィルターで遮られた空間内でお茶がキレイに広がって、しっかりとお茶の味が出ている印象です。

自社の商品としてこのカップを利用する場合は、自社で用意した茶葉(2g程度)をフィルターの下に装着した状態で、25個を1セットにして密封包装するとのことでした。最小ロットなど詳しくは吉村さんに直接お問い合わせください。

これはイベント等で自分でお湯を注ぐスタイルで提供したら、そのインパクトと目新しさがウケそう!カップにお茶が装着されているなんて思わないものね!
ゴミの分別や中のお茶の鮮度保持など気になる点はあるけれど、「え!なにこれ!?」というワクワクって日本茶には不足している点だと思うので、こういう面白い取り組みでお茶の魅力が伝わるといいな~と思います。

吉村さんはパッケージも斬新なものが多く、カタログを見ているだけでも学びや発見があり、うちでもいくつか利用させてもらっています。今どき珍しく月に1回は営業さんがまわってきてくれて、色々と情報交換させてもらえるのも嬉しい。「お茶農家さんあってこその私たちです」と言ってくれるので、私たちも頑張らなきゃって思います!一緒に頑張っていきましょー!

今日も茶娘どっとこむの「茶娘日記」を読んで頂きありがとうございます!
2つのブログランキングに参加しています。 訪問のしるしに下のバナーを押して応援してもらえると嬉しいです♪

農家ランキング  にほんブログ村 企業ブログ 農業へ にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました