【伊勢グルメ】キッチンクックのカツドライカレー

カツドライカレー 農家の嫁
スポンサーリンク

こんにちは!三重県のお茶農家の嫁、茶むすめです。
今日も納品や所用で伊勢に出かけたので、夫とランチしてきました。
今回訪れたのは伊勢のソウルフードとして、地元民から絶大な人気を誇るキッチンクックさんへ。

キッチンクック
外観はこんな感じ。レトロな店構え。

こちらのお店は昔からある洋食店。定食はボリュームがあり、お昼時にはすぐに満席になるとの事前情報。なので、11時過ぎに店内へ。既に何組かお客さんがいましたが一番奥のテーブル席に座ることができました!

キッチンクック
味のあるメニュー。昭和っぽさが漂っています。

キッチンクックと言えばカツドライカレー!言わずもがな、ですね。みんなこれを食べています。
最近はメディアで取り上げられることも増えたのか、スーツケースを引っ張った観光客風のお客さんもいて、もくもくとドライカレーを食べています。

キッチンクック

もちろん私たちも注文します。キッチンクックのドライカレーはなんと普通のカレーのルーが別添えでついてくるんです!
メニューには「ドライカレー」「カツドライカレー」としか書かれていないので、あのビジュアルにするのは裏メニュー的「カレールー?」を注文しないといけないのでは?と心配される方もいるようなのですが、大丈夫です。ちゃんとルーもセットでついてきます!
私たちはテーブル席に座ったので見えなかったのですが、カウンターだと大将が豪快に鍋をふるってドライカレーを炒める姿が拝めるようですよ。

カツドライカレー
揚げたてサクサクのカツがどーん!!

夫は迷わず大盛りで!ドライカレーの上のカツが転がり落ちそうなほど山盛りです。
ドライカレーはスパイシーでけっこう辛め、ルーは甘めの洋食屋さんっぽい味わい、この2つが絶妙なバランスで絡み合って本当に美味しい!
最初は甘いと思ったルーもドライカレーとカツと一緒に食べるとほどよい辛さになって、スプーンが進みます。

キッチンクック
大きめのイカフライが6個も!タルタルソースもたっぷり!

夫が今回の訪問の大目的、カツドライカレーを頼んでくれたので、私はフライの定食を注文することに。悩んだ末に「イカフライ定食」をチョイス。イカフライ好きなんですよー。でも油ハネが怖くて家では絶対に作らないし、お惣菜ではイカリングはあってもフライってなかなか見かけないので。
この選択も大成功!イカは柔らかくて、歯で噛み切れるし、衣さっくさく熱々で美味しい!酸味の効いたタルタルソースとの相性もばっちり!半分はウスターソースで頂きました。
見ての通りごはんが丼ぶりに山盛りでさすがにちょっと残しちゃったけど、お味噌汁やお新香で箸が進んでもりもり食べました!後から夫が「もっくもっくとどんだけ食うねんって思ったわ」って言ってたぐらいだから、なかなかの食べっぷりだったようですよ。

【店舗情報】キッチン クック
 ● 住所 三重県伊勢市岩渕2-7-29 (最寄り駅:近鉄宇治山田駅から徒歩3分)
 ● 電話 0596-24-5972
 ● 駐車場 有り(県道から見るとお店からひとつ建物を挟んで右手、入り口は裏側)
 ● 営業時間 11:00~15:00(LO14:00)17:00~23:30 ※日曜営業
 ● 定休日 水曜日
 ● 注文商品価格 カツドライカレー大盛 1,000円 イカフライ定食 900円

昭和の情緒たっぷりで、もくもくと親子でお店を切り盛りする姿が印象的で、初めてのお店なのにどこか懐かしい気持ちにすらなる。人気なのが分かります。常連さんと大将が親しく話している姿もヨイ!

伊勢の3大ソウルフードはここ「キッチンクックのドライカレー」と「まんぷく食堂のからあげ丼」「モリのスパゲティ」と言われていますが、これでやっと私もすべて制覇することができました!
新鮮な魚介類や農産物に恵まれたこの土地で、ソウルフードと呼ばれるのがこういうものになるのも分かる気がします。なんかまた行きたくなる。一通りの伊勢の観光名所を巡ったら、次はこういうディープなお店をのぞいてみるのもオススメですよ!

今日も茶娘どっとこむの「茶娘日記」を読んで頂きありがとうございます!
2つのブログランキングに参加しています。 訪問のしるしに下のバナーを押して応援してもらえると嬉しいです♪

農家ランキング  にほんブログ村 企業ブログ 農業へ にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました